睡眠障害とは?薬の効果と根本的な解決法について


うつ病で起こりやすい睡眠障害

心の病に罹ってしまうとやっかいなことに、自分の体の状態が自分で保てなくなります。症状は人によって異なりますが、常に不安な気持ちになり、動悸が収まらなくなることがあります。さらに酷くなると痙攣や吐き気までしてくるようになり、まともな日常生活が送れなくなるのです。もちろん仕事もできませんし、夜寝ることも困難になります。全く眠れないのではなく、寝ようとしても眠れないという状態で、朝方まで眠りにつけず、やっと眠れたら午前中は寝ているという状態にもなります。睡眠障害は生活リズムを乱すとてもやっかいな症状ですが、うつ病などで精神がおかしくなっていると、こういった症状が起きやすいのです。

睡眠剤は有効だが依存性が高い

心療内科でうつの診断を受けた場合、まず精神安定剤を処方されますが、もう一つ大事なのが睡眠剤です。安定して睡眠を取れるようにならなければ生活はぐちゃぐちゃになってしまいます。薬がないとしたらアルコールぐらいしか頼れるものがないため、そう考えると睡眠剤で生活リズムを取り戻すのは有効と言えるでしょう。ただし睡眠剤は依存性が高い薬と言われており、それがないと眠れなくなる場合が多いのです。うつ病が続いて睡眠剤が手放せなくなっている人は、もし時間が許すのならここで運動を始めると良いでしょう。運動で体を強制的に疲れさせ、夜に寝る習慣を付けるのです。運動はうつ病でなくても健康に良い生活習慣なので、できるだけ意識して生活に取り入れると色々な面で改善が見られます。

岡山の心療内科では、患者が抱えているストレスや不眠の悩みを和らげる内服薬を処方しています。どのような薬を使っていくか、踏み込んだ相談を医師と重ねていくことができます。